松山校

過去のスクールReportがパソコンの不具合により削除されてしまいましたので(涙)、スクール設立〜現在までのスクール状況画像を一つにまとめました。

我々、スタッフはGK出身です!
現代サッカーにおいてGKというポジションが重要視される中、各チームにGKコーチが不在で、GKのトレーニングが行われないまま放置されがちなのが現状です。もちろん、現在でも能力の高いGKも居ます。ただ、その選手達が、GKに特化したちゃんとしたトレーニングを受けていたらどうでしょう?

  

GKは他のポジションと違って手が使えます!体全体を使ってゴールを守ります!
GKの技術の種類は?と、とっさに聞かれて、思い浮かぶのは数少ないのではないでしょうか?
ゲームの中では、様々な状況に遭遇します。その様々な状況の中で、どのタイミングで、たくさんあるGK技術をどのように使って、ゴールを守る。というのは、やはり普段からのトレーニングの積み重ね・知識が必要不可欠です。
 
現在、インターネットが普及し、トレー二ングメニューはたくさん手に入れることが出来ます。
ただ、ここで大切なのは、トレーニングメニューを見よう見真似で、こなしているだけで選手は良くなるのか?ということです!
先ずは、選手の状態(選手に何が必要なのか?)を観ること。観ることで、どの様にトレーニングを実施して行くのか!が重要です。

では、トレーニングについてです!
上記に、記載しておりましたとおり、トレーニングメニューはたくさんあります。
ただ、トレーニングメニューの本質を指導者が理解していないと、そのトレーニングメニューも全く違うものになってきます。
本スクールは、ご縁で、「日本のこれからのプレイヤーに最先端のトレーニングと環境を用意したい。」という想いで作られた「Futures」と出会い、全国の提携校と共に日本ではあまり取り入れられていない(これから後に取り入れられてくる)最先端のGK技術をいち早く取り入れ、スタッフ・提携校研修会等で、技術の本質を我々スタッフ自身が理解し、トレーニングメニューを構築し、スクール活動を実施しております。

我々、スタッフも情報を知識として取り入れることで、GKというポジションは進化していると実感させられます。

早くから、ポジションの固定をするのはどうか?という意見もあるかと思います。
ここで考えていただきたいのが、GKというポジションは非常に繊細なポジション。
週1度や2度、GK専門トレーニングを受けながら、同時にFPトレーニングもすることが望ましいと考えます。
固定しないことも大事ですが、固定することも非常に大事と思います。
海外では7歳で素晴らしいGKが生まれています。

もちろん、足元の技術は大事です。
しかし、FPトレーニングと同様、GKトレーニングも早く開始すれば、可能性は大きく拡がります。
やらなければ、変化はありません。やれば変化します。ゴールキーパートレーニングはできる限り早く開始すべきです。

GKはGKに特化したトレーニングを求めております。
週に1・2回、本スクールでGKに特化したトレー二ングをすることで、GKがスキルアップし、各チームに還元できると考えております。このReportをお読みになった、各チームの指導者の皆さん、保護者の皆さんが我々の活動にご理解していただき、またご協力いただければ幸いです。

※GKスクールレポートは不定期に更新しますので、予めご了承ください!

無料体験を随時行っています。こちらをクリック!
GS.FORME GOALKEEPER SHOOL事務局:089-916-6703
下記フォームからも無料体験の受付を行っています!

関連記事

  1. 松山校U-12(2015.5.15)
  2. 2018 Summer GK Technical Camp 2日…
  3. 東予校(2017.5.14)トレーニング
  4. 松山校(2017.5.25)トレーニング
  5. 松山校U-15 / U-18
  6. 松山校U-15/U-18
  7. 松山校U-12(2018.1.23)
  8. 東予GKクリニック トレーニングの様子!
PAGE TOP